ブログ 弊社の取り組み 社長ブログ

【SDGs】13.気候変動に具体的な対策を

投稿日:

月曜日恒例の社長ブログです。

今週は弊社のSDGsへの取り組み第13弾、SDGs.13「気候変動に具体的な対策を」です。

13.気候変動に具体的な対策を

SDGsの13番目の目標は「気候変動に具体的な対策を」です。

5つのターゲットで構成されます。

13.1すべての国々において、気候関連災害や自然災害に対する強靭性(レジリエンス)及び適応の能力を強化する。
13.2気候変動対策を国別の政策、戦略及び計画に盛り込む。
13.3気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。
13.a重度な緩和行動の実施とその実施における透明性確保に関する開発途上国のニーズに対応するため、2020年までにあらゆる供給源から年間1,000億ドルを共同で動員するという、UNFCCCの先進締約国によるコミットメントを実施するとともに、可能な限り速やかに資本を投入して緑の気候基金を本格始動させる。
13.b後発開発途上国及び小島嶼開発途上国において、女性や青年、地方及び社会的に阻害されたコミュニティに焦点を当てることを含め、気候変動関連の効果的な計画策定と管理のための能力を向上するメカニズムを推進する。
(出典:外務省「JAPAN SDGs Action Platform」)

世界の状況

我々人間の生活向上を目指す活動が結果として気候変動を深刻なものとしています。

地球温暖化の影響は年々大きなものとなってきていて、世界共通の目標として、2015年のCOP21に「パリ協定」として採択されています。

日本の状況

我々の生活する日本においても「超巨大台風」が毎年の様に襲来するようになってきています。

10年に一度とか、過去最大とかという言葉を毎年聞いている気がします。

弊社ができるこ

温暖化対策として冷暖房の温度の適正化、CO2排出量の削減に取り組んでいきます。

また、気候変動に対する強靭性を求められる時代になってきており、それについて弊社では2019年(令和元年)に事業継続力強化計画認定を取得しています。2020年にBCPを策定し、現在はレジリエンス認証取得を目指しています。

より強靭な企業へと成長をしていきます。

宣言

弊社では「「気候変動に具体的な対策を」として以下のことに取り組みます。

  1. 冷暖房の温度の適正化
  2. リサイクルによりCO2排出量の削減に取り組む
  3. BCPを運用を通してレジリエンス認証を取得する

できることをみんなで

ここ何年かは地球温暖化が進んでいることを体感できることが毎年のように起こります。

このままでは近い将来、大変なことになるのではと不安がよぎります。

このSDGS13の目標は最も身近な、最も早くに我々が取り組まないといけない問題だと認識して行かないといけないと思います。

しっかり意識をしてがんばっていきます。

おすすめ記事一覧

-ブログ, 弊社の取り組み, 社長ブログ
-, ,

Copyright© ねじ屋。ねじなら何でも揃う、有限会社三協鋲螺 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.