ブログ 弊社の取り組み 社長ブログ

【SDGs】16.平和と公正をすべての人に

投稿日:

月曜日恒例の社長ブログです。

弊社のSDGsへの取り組みについての記事です。

第16弾、SDGs.16「平和と公正をすべての人に」です。

16.平和と公正をすべての人に

SDGsの16番目の目標は「平和と公正をすべての人に」です。

11個のターゲットで構成されます。

16.1あらゆる場所において、すべての形態の暴力及び暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
16.2子供に対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。
16.3国家及び国際的なレベルでの法の支配を促進し、すべての人々に司法への平等なアクセスを提供する。
16.42030年までに、違法な資金及び武器の取引を大幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
16.5あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。
16.6あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。
16.7あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型及び代表的な意思決定を確保する。
16.8グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡大・強化する。
16.92030年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する。
16.10国内法規及び国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。
16.a特に開発途上国において、暴力の防止とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでの能力構築のため、国際協力などを通じて関連国家機関を強化する。
(出典:外務省「JAPAN SDGs Action Platform」)

世界の状況

世界では7000万人近い難民がいると言われています。
私自身も学生時代にフィリピンの国内難民のキャンプに数日滞在して状況を見てきたことがあります。

また、各地で紛争があり、多くの罪もない人が亡くなっています。

出生登録がされずに生まれてくる子供は世界で4人に1人と言われています。

日本の状況

日本では遠く向こうの話のように聞こえますが、実際には多くの子供が虐待されたり大きな傷を負っています。

また汚職や贈賄に対するニュースは毎年多くあることも事実です。

とても説明責任のある透明性の高い公共機関が発展してるとは思えない状況です。

弊社ができる事

弊社では事実を淡々と伝えることで、意識を変えていくことに注力しています。

子供たちの未来がより良いものになるように。

宣言

弊社では「平和と公正とすべての人に」として以下のことに取り組みます。

  1. 国際的な紛争問題などに興味を持つ
  2. 政治に対して、直接関与するために選挙に必ずいく。
  3. 身近な暴力を無くすように努める。

できることをみんなで

日本では児童虐待のニュースは絶えることなくきかれます。こういった問題を意識しておくことから、まずは始まるのだと思います。

これと同じで世界各地でおきている紛争についても我々は知らなすぎるのではないのでしょうか?

まずは興味を持つことから始めていければと思います。

おすすめ記事一覧

-ブログ, 弊社の取り組み, 社長ブログ
-

Copyright© ねじ屋。ねじなら何でも揃う、有限会社三協鋲螺 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.