社長ブログ

タイの離島であるサムイ島に行ってきました

更新日:

毎週月曜日恒例の社長ブログです。

今回はタイへの視察研修の一環でバンコクからサムイ島へ行ってきました。
その冒険旅行についてブログを書きます。

すごく遠いサムイ島へのケチ臭い冒険旅行(移動編)

ちょっと冒険をしてみたくなって、面倒な方法でバンコクからサムイ島へ行くことにしました。

参考になるかどうかわかりませんが、記事として公開します。

バンコク市内からドンムアン空港へ

サムイ島へはザクッと行って2つルートがあります。
スワンナプーム国際空港から直接飛ぶ方法と、ドンムアン空港からスラタニ県へ飛んでそこから船で渡る方法です。

今回は後者を選びました。

市内のスクンビット通り沿いのホテルからBTSに乗ってモーチット駅を目指します。

BTSモーチット駅で降りて、バス停に向かいます。

ここからはA1かA2のドンムアン空港行きのバスに乗ります。

バスに乗ると車掌さんが集金に来ます。(30バーツだったかな)
写真は切符ですw

ドンムアン空港からナコンシータマラート空港へ

今回、エアアジアのジョイントチケットというのを使いました。
これは飛行機とバス、そして船が着いているチケットです。

私も最初はどうやったらジョイントチケットが出て来るのかわからなかったのですが、エアアジアのHPから到着先をサムイ島やパンガン島などの離島にすると出てきました。

エアアジアはプリントしたeチケットかスマホの画面を読み取らせてチェックインを行います。

この機械は日本語にも出来るのでとても優れています。

エアアジアの場合、預入荷物は別料金、機内持ち込みは7Kgまでとなっています。
今回は、預け入れ15kgと機内食(時間を無駄にしないため)を事前にオーダーしておきました。

ターミナルからはバス移動で、歩いて乗る感じが楽しいですw

空に上がると、青い海が見えて気分もアゲアゲになってきます!

1時間半のフライトを楽しんだら到着です。

ナコンシータマラート空港からドンサク港へ

ですが、ナコンシータマラートにつくと超土砂降り!
どうやらこの時期は年に数週間だけの雨季だったようです><

飛行機からターミナルまではエアアジアが用意してくれた傘をさしてダッシュ!
もちろん、ビショビショのグチョグチョです・・・

さてさて、荷物をとってくると、制限エリアから出たところに、写真のようなチェックインカウンターがあります。

ここで、チケットを見せるとバスのチケット(胸にシールを貼る)貰えます。

それを貼って表に出ると係の人があのバスに乗れ!って誘導してくれるので乗り込みます。

バスと言っても、ハイエースですけどねw

ドンサク港からサムイ島ナトン港へ

バスで1時間半走るとドンサク港に到着です。

ターミナルに着くと、チェックインカウンターで船のチケットを貰います。

結構沢山の人が乗ります。
またフェリーなので車やトラックもたくさん乗っていきます。

なんか可愛い形の島がありましたw

ナトン港に到着!

ナトン港からチャウエンビーチへ

港に降りるとあとは自分でホテルまで行かないといけません。
ホテルが有るチャウエンビートは島の反対側です。

とりあえず、港にいるタクシーに話を聞いてみると、みんな同じで1000バーツ!
でも、あんた運がいいよ、いまなら800バーツにしてあげるw

とまあ、高いのでソンテウ(乗り合いタクシー)を探します。

ソンテウのお兄ちゃんに聞くとチャウエンビーチまで100バーツ!
って事でソンテウにしましたw

まあ、チャーターと乗り合いの違いですね。

ソンテウ(乗り合いタクシー)

結局、ホテルに到着したのは17時頃でした。
朝、ホテルを出たのが7時前だったので10時間くらい掛かったってことですw

ホテルの話

サムイ島ではチャウエンビーチにある Malibu Resort & Beach Club, Koh Samui ってホテルに泊まりました。

リゾートと名前がつくホテルに泊まってみたかった

せっかく南の島に行くのでリゾートってのが名前に付いてるホテルに泊まってみたいなと思い、agodaで予約しました。

ホテルをビーチから見たらこんな感じ。この建物はレストランです。

各部屋はコテージやバンガローになっています。

プールが深くて死にそうになった話

二日目はちょっと時間があったので、プールサイドでノートPC使ってレポート書きながらのんびりしてたら寝てしまいました・・・

2時間位寝てしまい、真っ赤に焼けてやばい!

プールに飛び込んだら、なんとこのプール僕より深いw

危うく溺れるところでしたww

海に引きずり込まれそうになった話

そして、まあせっかくだからと海にも入ってみました。

ここはずっと浅瀬が続いている浜です。結構沖まで砂浜なのですが、柔らかいせいか波に侵食されて浅くなったり深くなったりしています。

季節的に波が高かったようで、ドカ~ンとやってきた波にさらわれましたw

沖に流されて、久しぶりに本気で死ぬと思いました・・・

夜の楽しみ

どこに行ってもですが、夜の街はワクワクします。素敵な出会いがないかなぁってねw

チャウエンビーチロード

メインストリート沿いは賑やかです。

ここをウロウロするだけでもワクワクしてきます。

超有名アークバー

海のそばにある、世界のパリピに有名なアークバーに行ってみました。

しかしね、誰もいねぇえええ!!

飯食ってすぐに9時前に行ったからちょっと早すぎたようです。ここが盛り上がるのは12時を過ぎてからです。

って事で後で来ようと思って・・・結局行けなかったけどw

バービアはアウェイ

結局、その時間でも盛り上がっていたバービアに行きました。

最初はちょっと様子見で呑んでいたのですが、すぐに近所にいたドイツ人と意気投合w

謎のゲームをやりながら呑んでるとバービア嬢が集まってきて・・・

かなり、相当、無茶苦茶、支払って帰りました・・・

帰りの話

トラブル無しでは帰れない・・・
1人で個人旅行でのトラブルは良い勉強になります!

エアアジア、タイムスケージュールおかしくないか?

呑んで帰って、帰る時間の確認をしてると、ふと気が付きました。

帰りの船の時間おかしくないか???

行きと同じで船は1時間半かかります。どんだけ調べての1時間半かかります。
乗り継ぎの兼ね合いでバスの出発時刻が11時じゃないと飛行機に間に合いません。

とすると、船は9時発で10時半着じゃないとだめじゃん!!
1時間まちがってるし!!!

って事で、翌朝、早くチェックアウトしてナトン港へ。

ソンテウで行きたかったのですが、朝7時は早すぎるのか走っていません。。。
仕方ないのでタクシー。

やっぱり言われました。普通は1000バーツだけど、今なら800バーツw

結局、適当に乗れるw

港について、早い時間の船に乗れるのかと思ったら、普通に乗れました。

チケットより早いけど乗る?みたいな感じで聞かれただけでしたw

1時間半の船旅でドンサク港へ到着。

しかし、移動は行きと同じで長い!

ドンサク港で行きと同じでバスのチケットを貰います。
この写真のバス停に停まってるバスに乗ってスラタニ空港へ。(行きとは違う空港)

1時間半のバスの旅の先にスラタニ空港はありました。

行きと帰りが違う空港ってのも面白いものですw

ぞろぞろ並んでまたバスかなって思ったら・・・

思いっきり、歩きでしたw
しかも、結構距離ありますから・・・

1時間ちょっとのフライトでドンムアン空港に付きました。

ドンムアン空港とスワンナプーム国際空港の移動は無料のシャトルバスがあります。知ってました?

到着先の空港からのチケットがあると無料で乗れます。

しかも、そのまま日本まで・・・

そうです、スワンナプーム国際空港に行くってことはそのまま日本に帰るってことです。

今回の視察研修では広島空港からシンガポール経由で行ってたので帰りも同じルートw

SQのラウンジは結構良いのです。

ですが、機内食もあるし、真夜中だしって事で、殆ど食べませんでした。(呑んでつまんだだけw)

この日の移動は朝7時にホテルを出発。乗り継ぎをしながらそのまま翌日、出社したのが13時頃。
30時間の移動でしたww

タクシー>>船>>バス>>飛行機(国内線)>>バス>>飛行機>>飛行機>>バス>>自家用車

長い旅でしたが、こういう冒険的な旅はワクワクするし、ものすごく刺激になりました。

さあ、仕事しよう!

おまけ(費用について)

バンコクからサムイ島に行って3泊の費用です。

往復:エアアジアジョイントチケット ¥14,456-
(15kg預け入れ荷物・機内食・座席指定を含む)

島内の移動:ソンテウ100バーツ・タクシー800バーツ 合計900バーツ
レート:1バーツ3.78円 ¥3,402-

ホテル: Malibu Resort & Beach Club, Koh Samui 週末3泊朝食付き
¥26,171-

総合計:¥44,029-

これに食事代等が掛かりました。

おすすめ記事一覧

-社長ブログ
-,

Copyright© ねじ屋。ねじなら何でも揃う、有限会社三協鋲螺 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.