弊社の取り組み 社長ブログ

【SDGs】2.飢餓をゼロに

投稿日:

月曜日恒例の社長ブログです。

今週は弊社のSDGsへの取り組み第2段です。

SDGs.02 「飢餓をゼロに」 です。

2.飢餓をゼロに

SDGsの2つ目の目標は、そのまま文字通りの飢餓で苦しむ人をなくすのが目標です。
食料の安定確保と供給で世界中の人を飢餓から救うことを目指します。

目標2「飢餓をゼロに」には8つのターゲットから構成されます。

2.12030年までに、飢餓を撲滅し、すべての人々、特に貧困層および幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。
2.25歳未満の子供の発育障害や衰弱について国際的に合意されたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までにあらゆる形態の栄養失調を解消し、若年女子、妊婦、授乳婦および高齢者の栄養ニーズへの対処を行う。
2.32030年までに、土地その他の生産資源や、投入財、知識、禁輸サービス、市場および高付加価値や非農業雇用の機会への確実かつ平等なアクセスの確保などを通じて、女性、先住民族、小規模な家族経営の農業、牧畜家および漁師をはじめとする、小規模食糧生産者の農業生産性および所得を倍増させる。
2.42030年までに、生産性を向上させ、生産量を増やし、生態系を維持し、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水およびその他の災害に対する適応能力を向上させ、漸進的に土地と土壌の質を改善させるような、持続可能な食糧生産システムを確保し、強靭(レジリエント)な農業を実践する。
2.52020年までに、国、地域および国際レベルで適しに管理及び多様化された種子・植物バンクなども通じて、種子、栽培植物、飼育・家畜化された動物及びこれらの近縁野生種の遺伝的多様性を維持し、国際合意に基づき、遺伝資源及びこれに関連する伝統的な知識へのアクセスおよびよその利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分を促進する。
2.a開発途上国、特に後発開発途上国における農業生産能力向上のために、国際協力の強化などを通じて、農村インフラ、農業研究・普及サービス、技術開発及び植物・家畜のジーン・バンクへの投資の拡大を図る。
2.bドーハ開発ラウンドの決議に従い、すべての形態の農産物輸出補助金および同等の効果を持つすべての輸出措置の並行的撤廃などを通じて、世界の農産物市場における貿易制限や歪みを是正および防止する。
2.c食料価格の極端な変動に歯止めをかけるため、食料市場およびデリバティブ市場の適正な機能を確保するための措置を講じ、食料備蓄などの市場情報への適時のアクセスを容易にする。

世界の状況

世界では8億以上の人々が飢餓で苦しんでいる状況です。

これは異常気象などにより農業生産が停滞することが最大の原因とされています。

地球温暖化による地球レベルでの異常気象を考えると我々日本人もその原因の一角を担ってしまっていると考えれます。

日本の状況

一昨年のニューズウィーク日本版にこんな記事が載っていました。

日本では飢餓なんて関係ないとか思っている人がほとんどだと思います。ですが実際には飢餓で亡くなっている人が居るのです。

日本人で実際に飢餓の経験(1日1食でしのいでいる)がある人も2010~14年の調査で5.1%(およそ20名に1人)と言う結果が出ています。

弊社が出来ること

ダイレクトに飢餓を減らすことをするのはとても難しいです。
ですが、極端な気候の変動を抑えるために二酸化炭素の排出に係ることを極力減らしていきます。

また、食物ロスも大きな問題だと言われています。こういった問題を社内で話題にすることで社員みんなの日々の生活の中でも意識していける環境を整えていきます。

宣言

弊社では「飢餓をゼロに」として以下のことに取り組みます。

  1. 従業員を飢餓にさせないためにちゃんとした雇用を維持する。
  2. 二酸化炭素の排出を抑えるためにごみの分別を厳密化し、リサイクルを推進する。
  3. 配達用の車の電動化を促進する。
  4. 月2回の勉強会で、社員教育に努め、啓蒙活動を促進する。

できることをみんなで

SDGsの2030年の実現は世界中の誰一人も取り残さないことが前提となっています。私たち一人一人が意識して行動しないと実現できないということです。

わたしもですが、ねじ屋。三協鋲螺に関わる全ての人が行動できるように啓蒙活動を含め、先頭に立って行動していきます。

おすすめ記事一覧

-弊社の取り組み, 社長ブログ
-, ,

Copyright© ねじ屋。ねじなら何でも揃う、有限会社三協鋲螺 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.