弊社の取り組み 社長ブログ

【SDGs】9.産業と技術革新の基盤を作ろう

投稿日:

月曜日恒例の社長ブログです。

今週は弊社のSDGsへの取り組み第9弾、SDGs.09「産業と技術革新の基盤を作ろう」です。

9.産業と技術革新の基盤を作ろう

SDGsの9つ目の目標は「産業と技術革新の基盤を作ろう」です。

8つのターゲットで構成されます。

9.1すべての人々に安価で公平なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援するために、地域・越境インフラを含む質の高い、信頼でき、持続可能かつ強靭(レジリエント)なインフラを開発する。
9.2包摂的かつ持続可能な産業化を促進し、2030年までに各国の状況に応じて雇用及びGDPに占める産業セクターの割合を大幅に増加させる。後発開発途上国については同割合を倍増させる。
9.3特に開発途上国における小規模の製造業その他の、安価な資金貸付などの金融サービスやバリューチェーン及び市場への統合へのアクセスを拡大する。
9.42030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。すべての国々は各国の能力に応じた取組を行う。
9.52030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
9.aアフリカ諸国、後発開発途上国、内陸開発途上国及び諸島嶼開発途上国への金融・テクノロジー・技術の支援強化を通じて、開発途上国における持続可能かつ強靭(レジリエント)なインフラ開発を促進する。
9.b産業の多様化や商品への付加価値創造などに資する政策環境の確保などを通じて、開発途上国の国内における技術開発、研究及びイノベーションを支援する。
9.c後発開発途上国において情報通信技術へのアクセスを大幅に向上させ、2020年までに普遍的かつ安価なインターネット・アクセスを提供できるように図る。
(出典:外務省「JAPAN SDGs Action Platform」)

世界の状況

開発途上国を中心に生活に必要な基礎インフラの整備が問題となっています。これらが人々の生活水準向上につながり、産業の発展につながります。

先進国でもいかに持続可能なインフラを構築するかが課題になっています。

日本の状況

基礎インフラが普通に存在すると思われている日本でも、大きな災害が起きればそのインフラを再構築しなければならなくなります。

災害の多い国である日本では基礎インフラがより強靭なものになる必要があると考えられます。

弊社が出来ること

基礎インフラを弊社で強くすることはできないことでしょう。しかし、いざというときに復旧を迅速に行うことは可能です。

さらに業務の効率化を図り、さらに強靭な基盤を作っていくことを目指します。

宣言

弊社では「産業と技術革新の基盤を作ろう」として以下のことに取り組みます。

  1. 定期的にBCP/BCMの見直しを行う。
  2. 強靭な企業基盤を作り、地域へのモノづくりのインフラとしての役割を果たす。
  3. イノベーションを支援する仕組みを作っていく。

2020年に弊社ではBCPを策定しました。これを今後も随時見直し、強靭な企業基盤を作っていきます。

できることをみんなで

弊社では令和元年(2019年)度に事業継続力強化計画認定を取得しています。

令和2年(2020年)にBCPを策定しました。

次はレジリエンス認証取得を目指します。

企業として強靭な基盤を持つことは会社が存続することや社員のためになるだけではなく、地域への貢献だと考えています。

しっかりした基盤を持つ強い企業を目指していきます。

おすすめ記事一覧

-弊社の取り組み, 社長ブログ
-, ,

Copyright© ねじ屋。ねじなら何でも揃う、有限会社三協鋲螺 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.